院長ごあいさつ

師田 基 (医学博士)

1959年9月、先代の師田昭一が、この地、足立区で小児科医院を開業。それから今日まで、半世紀以上にわたって地域の子どもたちの健やかな成長を、医療の面から全力でサポートしてまいりました。

1994年、先代が急逝し 医院を継承したのち、多くの患者さんに出会い支えられ今日があることに心より感謝申し上げます。
中には親子二代、三代に渡りご縁のある方もおられます。
そうした患者様、ご家族を拝見するにつけ、身近なつながりだけではない絆のようなものすら感じ、代々にわたって地域に密着した医療に携われることを大変幸せに思っています。
『子どもが自ら「もろたさんとこに行く!」と言って、受診を怖がらないんです』
などという親御さんの声を支えに、これからも子どもやご家族が安心できる対応を、子どもに恐怖心を抱かせない雰囲気づくりを、心がけて参ります。
「こんなことで小児科に行っていいのかな?」
などとためらわずにご心配なことがあればどんなささいなことでもご相談下さい。
私も一人の父親として、未来を担う大切な子どもたちの健やかな成長を祈って、医療の面はもちろんのこと、患者様やご家族の気持ちに寄り添い支えます。
当院では、インターネットおよび予約専用電話から簡単に診療の予約ができ、患者様の待ち時間短縮と院内感染予防につとめております。
どうぞご利用下さい。

PAGE TOP

TOP